カテゴリ: 自然食

 
2014-08-20-14-50-48_deco

こんにちは!胃袋バイブレーション食堂のイッシーです。

胃袋バイブレーション食堂の第二回BBQ大会が終わりました!ご協力、ご参加頂いた皆さん誠にありがとうございました。
今回も暖かい人に守られて、とても和やかな雰囲気の中でBBQを進めることが出来ました。僕自身、こういったイベントをやっていくのはまだまだ経験が浅く至らないところが多々あったと思います。今回の経験を通じてまた、次回に活かしていきたいと思っています。


今回のBBQを振り返る!

1,プレスリリースの作成!


まずは、座間宮さんとのミーティングで創りだすBBQの概要を決める最も大切なプレスリリースの作成!そういった事に全く経験のない自分と経験豊富な座間宮さんで作るので僕にとっては最高に刺激的な時間です。全く今までになかった視点を求められるし、文字にするとストレートに表現できない部分、コンセプトを見失わない、長期的な展望を持って取り組む、妥協をしない。数々の事を教えられました。そんな中で絞り出すように出てきたのが「美味しい物を選べば自然と食を取巻く環境は良くなる」というシンプルな事でした。そういったものの消費が伸びれば自然とその仕事が増え、食べる喜び、それを尊ぶニーズの増大に繋がる。新しい経済圏を作る事に繋がると、より明確にこの取り組みの意義を再認識することが出来ました。

2,食材の仕入れ!


この仕事の最大の特徴でもある生産者さんとの直接のやりとり。また生産者さんをどんどん好きになってしまいました。ご紹介します。

■トモファームあゆみ野菜さん
2014-08-15-17-49-30_deco

https://m.facebook.com/tomofarmayumiyasai?_rdr

前回は、大切な野菜たちを胃袋バイブレーション食堂の取り組みに共感して頂いて全て協賛してくれた、とてもありがたい農家さんです。農法も自然の循環に沿っていて胸を張って皆さんにおだし出来る安心安全な野菜達を提供してくれます。ホントにいつもありがとうございます。今回、頂いた野菜達がカボチャ、長ネギ、ナス、オクラ、甘長唐辛子、ピーマン、玉葱、ゴーヤ、人参。どれも生で食べれてしまうくらいの状態で特に感動させられたのがカボチャです。生で食べれるんです。これはホントびっくりで、水分をしっかり持っているのでこなっぽざがなく、爽やかな甘みとかぼちゃの香りでゲストを全くの未体験ゾーンに連れて行ってくれました。

焼いても秀逸でトロケるプリンのような食感と濃厚な甘み。僕も味見して大声で「旨え!」と叫んでしまいました。トモファームあゆみ野菜さんいつもありがとうございます。

■北海道 三石 菜花さん

http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/gt/saika.htm

今回初めての取引になった北海道三石の菜花という直売所から、直接送ってもらったアスパラガス。太すぎず細すぎずのベストなタイミングで収穫されたアスパラガス。農法も化学肥料を使わず、農薬もほんの僅かしか使ってないというこだわり様で即購入を決意。自分の故郷でもある北海道で自分のオカンが顔見知りという事もあってとても良くしてくださいました。

増毛のホタテ
IMG04410

北海道の日本海側に位置する増毛町という港町から送って頂きました。名前は出せないんですがこのお盆中で台風が過ぎたばかりという事もあって全く取引できる方を見つけることができない中で、ホントにぎりぎりのタイミングで取引していただけることが出来ました。全く鮮度を損なうことなく焼く寸前まで生きてる状態で提供できたのは、感動でした。

■青空豚牧場さん 
2014-08-11-15-37-44_deco

http://kizaha.exblog.jp/21932584/

第一回から、お世話になっている貴重な純血のアグー豚を育てられている沖縄の生産者さん。素敵なサプライズもされました。僕が丁度、8/12に誕生日を迎えていてアグー豚とシークワーサーを注文したんですが届いた箱を見ると中にはハイビスカスの花が……また、生産者さんが好きになってしまいました。ありがとうございます。またよろしくお願いします。

■みかん屋吉田さん
20140512_24f3bd

http://mikanya-yoshida.ocnk.net/phone/diary

今回初めての取引をさせて頂いきました。今回どうしてもとびっきり美味しい鶏を皆さんに、提供したいと考えていて直売をされている生産者さんを探していました。そんな中で出会ったのが吉田さんの日記でした。その中には日々鶏農家をやっていく上で起こる出来事を細かに書き記し、なにより溢れ出んばかりの鶏愛を感じ、【この人の鶏を食べたい!】と感じすぐさま、胃袋バイブレーション食堂のコンセプトとあなたの鶏をBBQに使いたいという内容のメールを送りました。

吉田さんから快諾のメール。もう、ガッツポーズでした!出会に感謝です。

■潤り米さん
2014-08-20-14-59-23_deco

https://m.facebook.com/ururimai?_rdr

こちらも前回からお世話になっている潤り米さん。

今回も、お願いしたい旨を伝えるととても喜んでくれましたし、そこからお米を手作業で作る並々ならぬ苦労を楽しそうに聞かせてくれ、楽しいやりとりをさせて頂きました。回を重ねるごとに繋がりができていくのも生産者さんと直接やりとりする素晴らしい部分です。

3,前日仕込み!


今回仕込んだものは、アグー豚のひざ下肉の煮こみ

豚足の煮込み、赤玉ねぎのドレッシング、媛っ子地鶏の捌きとマリネ、玄米の浸水です。
まず、時間の掛かる煮込みから手をつけたんですが、アグー豚の皮の薫りが素晴らしい事に気づきました。なんとも言えない芳ばしいかおり。テンションが上がります。まずは沖縄塩を擦り込んで下味をつけ、強火に熱したフライパンで全体に芳ばしい焼き目をつけていきます。
2014-08-16-18-20-47_deco

僕はこの作業が大好きで、焼いてる音でいい色になったなって感じるんですね。それでひっくり返してイメージ通りの焼き色だと一人でニヤニヤしてしまいます。フライパンで焼いてる横で煮込み用の鍋でオマケでつけてくれたアグーの骨があるのでそいつをこれでもかと焼きます。
2014-08-16-18-20-05_deco

鍋底に茶色いいい焦げが出てくるのでこれをゴリゴリこそげ取りながら徹底的に炒めます。こうする事でとんでもなくいい香りが出てきます。満足したらソコにいい色になったひざ下肉を鍋に投入。もう、この時点でヤバイんですが、こっから煮込んでいきます。トモファームあゆみ野菜さんの葱の頭を大量投入。粒胡椒などスパイス類をいれ、こっから最低5時間はつきっきりで煮込みます。
2014-08-16-18-18-38_deco

5時間過ぎたくらいから、一気に柔らかくなります。トロトロのプルプルです。これを、丘上げして出来上がり。

豚足も煮込みます。表面は焼きませんが煮込み方はほぼ、同じです。圧力鍋で香味野菜といっしょに煮込んでいきます。問題は部屋の中の温度と湿度です。尋常じゃなく暑い。これには参りましたが心を無にして鶏さんを捌きます。

鶏が頭と内臓抜いただけなので長い首が残ってるんですね。腹から割っていくんですが、その時恐らく首から抜けてく空気のせいだと思うんですが、鶏の鳴き声が聞こえるんです。【クエーーー】って何度も。捌いていたのは夜の10時過ぎていましたから、しかも一人。おかげで暑さがすっと引いていきました。なんか、生き物を触っているんだなという実感が湧いてきてありがたい気持ちと怖さが合わさって焦りました。しかし開いていくと本当に新鮮な鶏の香りに感動しました。こんな鮮度のいい鶏を触ったのは初めてで明日の成功を確信した瞬間です。

これを、塩、胡椒、ローズマリー、シークワーサー、自家製辣油、ニンニク、スパイス各種、菜種油をいれ、よく揉み完成。明日が楽しみです。

次が潤り米さんの玄米。潤り米さんから頂いた鹿児島の原木から作った干し椎茸と先ほどのアグー豚の煮汁、味噌、醤油、沖縄塩を加えて一晩浸水します。

赤玉ねぎのドレッシングは最近買ったスーパーハンドミキサーで作りました。材料の赤玉ねぎ、マスタード、塩、お酢、レモン汁、ハチミツ、をプラスチックのコップに入れハンドミキサーにかける。
あっという間にピューレ状になります。

そこに少しずつ菜種油を垂らしていきドレッシングの出来上がり。

野菜達のカットはやはり食べる直前にやりたくてやりませんでした。早くカットしてしまう事で乾いてしまったり食材の風味を損なってしまうからです。これも食材が全面に出るBBQにする為には、とても重要な事だと思っています。切ってしまえば会の進行もスムーズだろうし当日の手間を省けます。しかし、胃袋バイブレーション食堂で有る為に事前に切っておくというのは出来ませんでした。

4,最初にして最大の難関だった機材搬送、搬入、設営。


今回、最も労力を使った機材の移動、設置。

当日の朝、6時に目が覚め、すぐに車へ食材、コンロ、調味料類、皿を詰め込みました。ここまでは鼻歌まじりに終了。ここから車の移動になるのですが実は私イッシーは、ペーパードライバーに毛がついたようなもので、しかも、ナビはスマホー。当然、迷走。細い道の住宅街に入り込んでしまい、変な汗が湧き上がってきました。内心「辿り着けるのか?」そんな時に限って頼りのスマホの口癖は「GPS信号が失われました」勘弁してくれ。機械的な女性の声で数分ごとにその言葉を連呼してくる。「わかったから!」と楽しい会話は弾みました。機械的な彼女をよそ目に道路の標識をみてなんとか到着。時間は9時を回っていた。駐車場に車を止めて、気づいたのが橋の下までの距離が尋常じゃない。恐らく300mくらい。この距離をコンロや30人分の食材を運ぶのに何往復もするんですが日頃の運動不足も祟って洪水の様な汗が逆に気持よかったです。

途中、心配して駆けつけてくれた先輩にはめちゃ感謝しています。10時頃に料理関係のアイテムは搬入完了。

その後、第二陣が到着。長テーブル3台、パイプ椅子大量、飲み物などを積み込んであります。第二ラウンドの開始です。最後に運んだ特大のクーラーボックスの重さは忘れません。そんなこんなで何とか機材も揃いBBQ会場の形が出来ました

いよいよ、BBQスタート!
IMG_20140820_150756

場所が広い河川敷で橋の下。更に柱の裏という事もあってなかなかゲストが辿りつけず申し訳なかったですが一時位には揃って始めることが出来ました。
まず先に焼いたのが【媛っ子地鶏の悪魔風】
10580202_691848464242090_3238290934956318545_n (1)

皮目から備長炭でじっくり火を入れていきます。焼けるのを待ってる間に生野菜サラダ。まずは食材をそのまんま感じてほしいので旨い麦みそとオクラ、人参、カボチャ、ナス、を盛り合わせて出しました。特に驚かれていたのは、カボチャ。しかし、食べてみるととても好反応でした。時期的なものもあるんでしょうが、あゆみ野菜さんのカボチャは水分をしっかり含んでいて、そのまま食べても爽やかな甘みとフレッシュなかぼちゃの香りで美味しく食べれます。

玄米炊き込みご飯も炊きあがったので蓋を開けると。芳ばしい薫りが立ち昇り、隅っこでガッツポーズ!醤油と味噌、アグー出汁、鹿児島干し椎茸の出汁、玄米が本来持つ芳ばしい香りが一体となって【ブワッ】と襲い掛かってきました。負けずにかき混ぜると今度は底からオコゲ!
堪りません。潤り米さんありがとうございます。

さあ!媛っ子地鶏が焼きあがりました!
2014-08-20-15-10-26_deco

全体に旨そうな焼き色がついて、いい香りがします。少し触ってみていい感じに中まで火が入ってるのを確認して切り分け、開くと今にも滴りそうな肉の断面、プリンや湯葉の様な質感で、切っていくとすっとナイフが入っていく未体験ゾーンに突入。まわりから阿鼻叫喚が聞こえてきます。塩の染みこみ具合も丁度よく美味しく頂きました。特に胸肉が秀逸でパサパサ感は一切なく。噛むと優しくほぐれていき口の中に肉汁が広がります。今、思い出しても唾液が沸き上がってきます。

みかん屋吉田さん、ありがとうございます。出会えてよかった!

次がアグー豚の煮込み炭火焼きです。
10475338_691848490908754_4190151674433658269_n (1)

プルップルになったアグーを喜界島黒糖と味醂、醤油、麦みそで作ったソースをハケで塗りながら炭焼き。【バチッ、バチッ】と弾けるような音がしてきて、甘い芳ばしい香りが広がります。これを切り分けて実食!とろける様な豚の食感と焦げることで糖分がカラメル化して醸しだされる香りが口から鼻に抜けモフーっとまるで自分がアグー豚になりかねない味わい。今思い出してもため息が出てしまいます。

青空豚牧場さん おいしいアグー豚を今回もありがとうございます!

僕がモフモフ言ってる間にもう一つのコンロでは前回に引き続き手伝いに入ってくれている料理人友達の舘野さんが焼き野菜を始めていて、中でも目を引いたのが長葱でした。
10563175_691848437575426_6991075328749750721_n (1)

良い色に焼き色がついていてそれに沖縄塩を振って最期にシークワーサーを絞ってバクリ!
2014-08-20-15-28-43_deco

口に入れた瞬間長ネギの備長炭で焦げた薫りとシークワーサーの爽やかな香りがベストマッチし舌に触れると沖縄塩のミネラルたっぷりの塩分、シークワーサーの酸味がシャープに下を刺激し、噛みしめると中からトロリとした甘い果肉が飛び出してきます。それらすべてが渾然一体となって出てくる言葉は旨え!しかないです。追い打ちのようにニヤニヤした舘野さんがカボチャのホイル焼を「ヤバイよヤバイよ」と言いながら私の口へ、
10556467_691839247576345_4047604574018585915_n

舌に濃絡みつく濃厚な甘みが南瓜の薫りと一緒に口いっぱいに広がり更に声高らかに旨えーー!生で食べてよし、焼いてよしと南瓜の魅力を再確認させたれました。

そして、忘れてはいけない。北海道は増毛町からやってきたぎりぎりのタイミングで参戦、生きたホタテ。

焼く前に香りを嗅ぐと生臭さは一切なく。潮の薫りが新鮮さを物語っています。これを網の上ではなく直接炭の上に投下!少しすると潮の薫りが立ち昇り、口がパカっ!
10561814_691871037573166_4395170510639159613_n

それ以上何もする必要がありません。半分焼けた位でただそのまま口の中へ。帆立貝のもつ濃厚な旨味と潮の香りが口いっぱいに広がります。焼けた瞬間に食べるから味わえる贅沢で少したてば潮の香りは消えてしまいます。BBQならではの楽しみではないでしょうか。

そしてこのタイミングで同じく北海道から来た三石の農家さんの直売所【菜花】のアスパラガス。表面に菜種油を塗り塩を振っただけですが備長炭で見事についた焼き目が彼の価値を何倍にも引き上げていきます。
10593085_691871014239835_100698989081261673_n

旨そうな焼き目がついたらそれをガブリ。噛みしめると中からアスパラ汁が滲み出してきてそれをこぼさぬ様にすすり上げながら口の中へ、夏を感じます。青々しいアスパラガスの薫りと芳ばしい薫り、噛みしめると滲み出す甘い汁。夏を満喫していると胸を張って言えると思います。

ひと通りの食材を出し終わり最後はフルーツ。本来であれば奄美の島バナナだったんですが、熟成が間に合わず岡山大学から急遽取り寄せたオーガニックの桃、 ゲストの方が持ち寄って頂いたブドウ これを盛り付けし有機のレモン汁とアカシアの蜂蜜を合わせたソースをたっぷりかけ仕上げに黒糖をかけ提供。瞬く間になくなってしまいました。
2014-08-20-15-17-00_deco

BBQをやってみてやはり思ったのは、食べ物の人と人とを繋げる力です。

皆さんバラバラと集まって、一人で参加される方も多い中、最初はぎこちなさもあるんですが会が進むに連れて打ち解けあって食事は勿論なのですが出会いや会話を楽しむ場が創らていたように思います。今、社会全体でこういった時間を持つことがとても難しい世の中になってきていて様々な問題に繋がっているのではないでしょうか。旨いもんを食べたい!という意識で集まった方々が旨いもんで盛り上がり、関係を創る。胃袋バイブレーション食堂の取り組みの重要さを実際に感じることができた貴重な時間になりました。

片付けも皆さん積極的に手伝って頂いてほんとに感謝しています。「もっとこうしたほうがいいんじゃないか?」「次からはもっと手伝いますよ」と親身になったご意見も沢山頂きました。ありがとうございます。今回の経験をバネに一層、胃袋がブルブルしちゃうようなイベントを企画していきますのでよろしくお願いします!

これからも胃袋バイブレーション食堂をよろしくお願いします!

次のイベントも8月30日に決まっています。
ご予約も受け付けておりますのでどしどし参加して一緒に胃袋バイブレーションしましょう!

8/30の胃袋バイブレーションBBQに予約される方はこちらのメールに名前と参加の旨、電話番号を送って下さい↓
iandi081215@gmail.com
詳細が決まり次第ご連絡します!

またメルマガに登録して頂ければ先行予約や特典ございますので是非よろしくお願いします!

メルマガに登録


ibukuro_merumaga_banar280

胃袋バイブレーション食堂 無料メルマガスタート!
イベントなどの優先予約など胃袋を充たす情報をお届け!
▼登録フォーム
https://f.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=ibukuroburuburu

胃袋バイブレーション食堂 シェフ 石田裕

石田のプロフィール
http://blog.livedoor.jp/atmc0311/archives/9425065.html

※島バナナは着いたものがまだかなり青かったので残りの日数で食べられる状態になれば使います。

2014-08-14-17-53-16_deco

デザートメニュー決定(๑•̀ㅂ•́)و✧

奄美の島バナナを奄美から取り寄せた黒砂糖で焼きバナナにしちゃいます(o´罒`o)

黒砂糖は白砂糖と違ってゆっくり体に吸収されるので、体にも優しい調味料です。
独特の薫りを持っていて、島バナナとは最高の相性になると思います!

異なる奄美の食材が遠く離れた東京で一緒になり皆さんの胃袋を魅了する。

メチャ素敵じゃないですか(o´罒`o)

焼いてる時のカラメルの薫りを嗅いで盛り上がってる光景を妄想して一人でテンション上げてますwww


胃袋バイブレーションBBQ詳細、申し込み方法

-------------------------------------
■日時
-------------------------------------
開催日 8/17(日)

時間 12時00分スタート

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 申し込み方法・お問い合わせ先
------------------------------−−−−−

(1)下記のメールアドレスに応募し仮予約
(2)その後、「振込確認」で申し込み完了となります。
iandi081215@gmail.com
※石田裕のメルアドになります。 

郵便振込 
記号 19050
番号 42821081

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■ 料金
ーーーーーーーーーーーーー
1人3,500円


------------------------------
■ 参加可能人数
------------------------------
30名

------------------------------
■ 会場
------------------------------

丸子橋

GoogleMap
https://www.google.co.jp/maps/search/%E4%B8%B8%E5%AD%90%E6%A9%8B/@35.5851665,139.6685795,16z/data=!3m1!4b1
<丸子橋アクセス>

最寄り駅
東急東横線 新丸子駅
駅から徒歩10分の場所にあります。

今回使うバーベキュー場は神奈川県川崎市中原区にある丸子橋の高架下です。

丸子橋は多摩川の河川敷です。

バーベキューエリアは東急東横線と中原街道丸子橋の間になります。
橋が2つあって当日の場所取りの状況でどちらか決まりますので追ってご連絡します。

目標は中原街道の下を狙っています。

おもなエリアとして、東急東横線鉄橋下と中原街道丸子橋の下が人気エリアになっています。

両方とも橋の下なので多少の雨はしのげます。


無料の駐車場もあります。100台以上は止められます。

トイレと水場は2か所あります。

 
2014-08-12-00-55-48_deco

【胃袋ブルブル速報】

8/17(日)の新食材が決定しました!

自分の故郷でもある北海道から【アスパラガス】です!

夏にアスパラ食べなきゃ勿体無い!

夏野菜の代表格です。

皆さん、今年は旨いアスパラ食べましたか?w

三石直売所 菜花から自分の母親が生産者さんと直接やり取りし買い付けて、送ってくれるアスパラガスです。
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/gt/saika.htm

減農薬に取り組まれている農家さんで微量の農薬しか使っておらず化学肥料も使っていません。

自分も一度、注文をして食べた事があるんですが、太すぎず細すぎず。丁度いいサイズで生でも美味しくいただけます(o´罒`o)

それをグリルして塩だけふって食べたんですが、アスパラ特有の柔らかな青々しい薫りと、【ガブッ】と噛みしめるとしっかりと含んだ水分が甘みと同時に【ジワーッ】と口に広がり、ビール片手に20本程あっという間に食べてしまいました(o´罒`o)

2014-08-14-11-52-36_deco


あのアスパラのほろ苦さと甘み、薫りがグリルすることで香ばしさも加わって更に引き立ち、ビールとの相性は言うまでもなかったです。

このアスパラをグリルパンではなく、備長炭の炭で【チリチリ】と焼いてしまったら、更に中の水分を損なうこと無く表面が香ばしくなり、アスパラの持つポテンシャルを最大限に引き出してくれるでしょう。

書いてたら腹が減ってきましたwww
飯にします(^O^)

これからも詳しい食材情報をあげていきますので楽しみにしていて下さい٩(ˊロˋ*)و


8月17日のBBQに参加!

■ 申し込み方法・お問い合わせ先
------------------------------

(1)下記のメールアドレスに応募し仮予約
(2)その後、「振込確認」で申し込み完了となります。
iandi081215@gmail.com
※石田裕のメルアドになります。 

郵便振込 
記号 19050
番号 42821081

------------------------------
無料メルマガ登録して胃袋ブルブル!
先行情報、優先予約などなど
http://blog.livedoor.jp/atmc0311/archives/10856296.html

 
2014-08-14-02-02-39_deco



第二回目のイベントを迎え、改めてなんで胃袋バイブレーション食堂をやろうと思ったのかを振り返らなければと思いブログを書いてみました!


【きっかけ】
311の事故をきっかけに【食の安全】に対する意識が大きく変わりました。
それまでやっていた飲食を辞めてどうすれば安心できる食材を提供する事ができるのかを考え、中間業者を挟まず、生産者さんと直接やり取りをし、自分が納得した食材を消費者に提供したいという思いに至り【胃袋バイブレーション食堂】をやろうと思いました。


コンセプト
個人の生産者さんと直接取引をする中で、昔ながらの関係性を取り戻していく。
そんなきっかけになればと考えています。
そこに魅力を感じ、あつまってくれる方々と作る空間で旨い物を食べる。飲む。
薄れつつある、人と人がアナログに出会い、語る。
その中で、新しい繋がりができれば嬉しいです。



こだわり

【生産者さんと消費者を繋ぐ】
生産者さんと消費者を旨いもんでダイレクトに繋ぐ事で、昔ながらの経済圏を盛り上げていく。
顔の見える人と経済関係を結ぶ。
この輪が大きく繋がれば、質の高い農業の復旧に繋がり食の安全を高める事に繋げていけると考えました。


【調味料、炭】
やっとの事で届いた食材を添加物いっぱいの調味料で味付けしては意味がありません。
どんな調味料を使うのかも吟味して選んでいきます。


【心から旨いと思える食材を使いたい!】
心から旨い!と思うにはその食材を誰が?何処で?どの様に生産したのか?どんなコダワリを持っているのか?
それらを知って心置きなく食べて貰う。
これも胃袋バイブレーションする為には大事な要素だと考えています。


【安い、便利に流されない】
安い、便利に目を取られず【本当の価値】に目を向ける。
生産者さんと直接やりとりをして生まれる関係性。

しっかりと自分の感覚のフィルターを通して、自分の体に入れる物を吟味する事で、磨かれる感性。


【食材へのリスペクトを持つ】
生産者さんからせっかく、頂いた食材たちです。
どんな苦労があって自分のとこまで届いたのか生産者さんと繋がれば、繋がるほど感じます。
そこに感謝し、その食材を無駄なく食べ尽くす。


【みなさんから教えてもらう】
自分もまだ、この取り組みを始めて日が浅いです。
生産者さん、消費者の方々と共にに時間を共有してこの取り組みに対しての知識を深めていきたいです。


【食材を選ぶ力をつける】
決して、添加物や農薬を全否定する訳ではなく。
しっかりと知識を持って、食材と接していく。
選びとる力をつけていきたいです。


【まとめ】
色々書きましたが、要は旨いもんを心置きなく腹いっぱい食べたいって事なんです。

その為には、【気兼ねなく食べれる食材】【旨いって共感し合える仲間】が欠かせないんす!

それで幸せになってる空間の中で食って飲んで繋がっていきたい。
繋いでいきたい。
みんなで胃袋バイブレーションしたいんです。

それがこの取り組みの原点だし、これからも変わらず続けていくスタンスです。


こういった考えの中、BBQをやる。
炭火で食材を焼いて食べる。
これ以上なくシンプルな料理方法です。
だからこそ、食材の良さが最大限に表現できます。

一緒に旨いもん食べて胃袋バイブレーションしましょう!!

【BBQに参加!】
下記をクリックして胃袋ブルブルさせましょう!
http://blog.livedoor.jp/atmc0311/archives/11148370.html
2014-08-11-09-14-56_deco

2014-08-11-09-14-56_deco

------------------------------
お願い<(_ _*)>(8/17追加)

※お飲み物について

胃袋バイブレーション食堂では、お飲み物は、予算内で気持ち程度しかご用意ができません。

飲まれる方は、飲み物持参でお願いします。

※写真について
胃袋バイブレーション食堂の取り組みを少しでも多くの方に知って頂く為に撮影をする時があります。
露出を気にされる方は仰ってください。

------------------------------
『胃袋ブルブル速報』vol.1
第2回バーベキュー大会のお知らせ
優先予約特権つきメルマガ

http://blog.livedoor.jp/atmc0311/archives/10856296.html

作成日 2014年8月7日
------------------------------

こんにちわ!
胃袋バイブレーション食堂のイッシーこと石田裕です。

皆さんのおかげで、前回のBBQは大盛況に終わることが出来ました。
ありがとうございます(^^)

皆さんの喜びの声に背中を押されて、もう一度【胃袋バイブレーションBBQ】を開催させて頂きます٩( *˙0˙*)۶
前回の改善点も踏まえて、更にパワーアップしたBBQにしていきますんでよろしくおねがいします!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回の食材を提供してくれる生産者さん。


食材は、現在、生産者さんの状況を伺いながらお話を進めておりますので詳しく決まり次第、【胃袋ブルブル速報】として、随時お伝えしていきますので楽しみにしていて下さい(o´罒`o)

お話が進んでいる生産者さんの情報だけチラリ

大事な野菜を協賛してくれた、前回のBBQの影の立役者
【トモファームあゆみ野菜さん】
トマトを始め、本来の野菜の味を思い出させてくれます。
サイトにのってる野菜を見るだけで違いを感じて頂けると思います。
https://m.facebook.com/tomofarmayumiyasai?_rdr

2014-07-18-01-52-06_deco

前回もお世話になりました!
貴重な純血あぐー豚を育てられている【青空豚牧場さん】
豚に対する情熱が伝わるブログは必見です!
http://kizaha.exblog.jp/21932584/

2014-08-11-15-37-44_deco


前回、皆さんから反響の大きかったおばあちゃんが青大将から守り育てた干椎茸と自然に沿って作られた玄米を分けて頂いた【潤り米さん】も引き続き、取引させて頂いております!
https://www.facebook.com/ururimai

2014-07-23-11-44-08_deco


前回、反響の大きかった奄美の島バナナもお願いしています(^O^)
枝付きでいかにも島って雰囲気が堪らないです。

2014-08-11-15-55-16_deco



今回、初めて取引をさせて頂いている
【媛っこ地鶏生産者 みかん屋吉田さん】
初めて取引をさせて頂いたんですがめちゃ熱いやり取りをさせて頂き、柔らかな人柄、鶏に対する情熱をドカンと感じさせられました!
僕が【この人の鶏が食べたい!】と思わされた日記です。ほんとに良い日記!感動させられました。
http://mikanya-yoshida.ocnk.net/diary

あと、今回は自分の地元、北海道から食材を取り寄せる予定です!

こんな感じで「胃袋バイブレーション食堂」では勿論、食材にこだわっていきます!
その上で、さらに、食材にこだわるからこそ、「炭」にこだわりたいと考えています。

2014-08-05-16-59-54_deco


BBQの炭の役割は何でしょうか?

まず、すぐ思いつくのが【焼く為】です。
シンプルですが、BBQの要素の大半を占める行為でしょう。
それを炭が担うのです。
どんなに食材にこだわろうとも結局のとこ、何処の、どんな製法で、誰が作ったのかにこだわらなくては、折角、生産者さんから貰った情熱のバトンを消費者の目の前で落としてしまう。
それは絶対避けなければならない事態です。



今回使う木炭は前回に続き和歌山県の山田木炭さんから頂いた【紀州備長炭 馬目荒】です。

2014-07-23-11-04-18_deco


前回使わせて頂き、素晴らしい備長炭の魅力を新しく発見することが出来ました。

【炭も無添加!】
安価な炭の中には接着剤を使って作ってしまうモノもあります。
紀州備長炭には混ぜものは一切ありません。
心行くまま本物の炭の香りを堪能して頂けます。

【温度】
高温すぎず、非常に安定した火力。
火力にムラがなく、素材に均一にそしてじっくり火が入ります。
じっくり焼く事で、炭の芳ばしい香りが素材に移り、更にはその香りが辺りに広がり、BBQ特有の空間を演出してくれました。

【持続力】
備長炭は密度が非常に高く。
空気が炭の中にほとんど入っていません。
その為、温度が上がり過ぎず、長時間安定した火力を提供してくれます。
これは、作る側としてこの上のないメリットで実際に使って大変、重宝しました。

【煙が少ない】
普通のBBQだと、かなりの勢いで煙りが出ますが備長炭は煙がほとんど気になりません。
というのも、前述した通り必要以上に温度が上がら無いので、素材や網に無駄なストレスがかからず煙がでないのです。

【生産者】
職人の山田晃さんの人柄も電話越しですがとても丁寧な対応をして下さり、おだやかな印象を受けました。
山田木炭さんのHPに自己紹介が載っていましたので紹介させて頂きます。
http://www.zb.ztv.ne.jp/yamada-mokutan/bintyotan/aboutme.html

以上のように、BBQというステージで最高の食材を調理していく時に、決して欠かす事ができない存在である事が分かっていただけると思います。

コストは普通の炭に比べてかかりますが、その対価に対して十分すぎるパフォーマンスを発揮してくれます。

最高の炭で、生産者さんと直接やり取りをした食材を炭焼きにする。

なかなか無い贅沢だと思います。

この時間に価値を感じ集まった人達と旨いもんを心置きなく食べてその喜びを共有し合う時間は、この夏の最高の思い出になるのではないでしょうか?

旨いもん食って、
胃袋バイブレーションしましょう٩(ˊロˋ*)و

胃袋バイブレーション食堂

管理人&料理人プロフィール

名前 石田裕 通称『イッシー』


北海道 新ひだか町生まれ 

1983年 8月12日生 30歳


経歴
地元の高校卒業後、札幌の調理師学校に2年在学
卒業後、ホテルロイトン札幌に入社
先輩に色んな意味で可愛がりを受け料理の厳しさをこれでもかと学ぶ。

翌年の夏に退社。同じく札幌で日頃よく食べに行って大好きだったイタリアンのサブロッソノーヴァに入る

頑固シェフと二人っきりで働き、素材に対するストレートなタッチ、独創的な自由で迫力のある感性に強く感銘をうける。

その後、肺を患い一年後泣く泣く退社(╥ω╥`)

退社後は東京に飛び込み、ウェディングレストラン『1st5Garden』に入社、厳しいシェフのもとフレンチを学ぶ。

2年半努め、面白いという事で同社系列店の割烹居酒屋『番屋』にホールサービスとして異動。

そこでお客様とのコミュニケーションの楽しさを覚える。

一年半後退社。同年7月、2014年で20年目になる『Ristrante IlL BUTTERO』サービスとして入社。
2014-07-08-16-33-26_deco



ホールは大半が外国人、社長もイタリア人という全く今までにない環境でなかなか日本では学べない外国の感覚を肌で感じ、強い刺激をうける。

料理も超がつくほどクラシカルな物で無駄に手を加えず素材にたいしてまっすぐ向き合う料理にかつての札幌のシェフを重ね、大好きな店になった。

サービス時代
IMG01140-1



元々、変な日本人だった私は不思議と外国人スタッフとも馬が合い関係良好w

料理経験がサービスにも活き、客受けも上々。
英語、伊語どちらも学べ最高の時間をすごせました。

半年ほど務めたある日、社長に呼ばれ今挑戦中のイタリアンデリの仕事をやらないかという事で、快諾。

朝昼はイタリアンデリ、ケータリングをこなし。料理、営業、配送とやらせてもらい、夜はサービススタッフとして従事。週末は1日に最大4本結婚式が入る店なので忙しい時間を過ごしましたが、新しい経験を次々とすることが出来、充実した時間を過ごしていました。

ケータリング料理
2014-07-08-16-18-47_deco


2014-07-08-16-21-15_deco



特にイタリアンデリは、料理は勿論ですが人と接するのが好きな自分にはとても楽しい仕事で、毎日いろんな企業に飛び込み、色々な業種、性格の人と出会える。

今まで店、という箱で悶々と仕事をしていた僕にとって刺激的で今まで、持つことの出来ない視野を飲食にいながら持つことが出来た。

これはとても大きい事でこの仕事にのめり込みました。

ホントにちょっとのタイミングや出会いで大人数のケータリングがとれたり、レギュラーで来て欲しいという営業に繋がったりするんです。

バイクで配送をするんですが走ってる時に歩いてる人間の雰囲気やコンビニの位置、ビルの雰囲気でこのビルは当たるという感覚がドンドン鋭くなっていく。

今思えばあれがマーケティングだったんですね。

レストランのサーヴィスをやっていてもこのお客様はどれ位のランクのワインが欲しいのか、どれ位の距離感でサーブされたいのか、自然と分かるようになるんです。

この感覚は決して、料理だけをやっていたんでは身につかない物だと思います。

結果、イタリアンデリでは、ケータリングやレギュラー配送の場所を増やし、結果を残す事が出来ました。

その大好きな店も2014年3月一杯で退社。

きっかけは原発事故により、安心安全な食への意識が強くなった事です。

美味しいとは何か?
舌で、目で、鼻で、耳で、感じる事はモチロン

安心安全、野菜一個一個に込められた想いを感じて食べる料理はどんな調味料にも勝ると思うんです。

そんな中で、間に中間業者を立てず、直接、生産者の方とのやり取りを通して得た信頼できる食材を消費者にサーブする。

その喜びを生産者にまた、伝える。

料理を通じて生産者と消費者を繋げることのできる、
インターネットを使った新しい取り組み『胃袋バイブレーション食堂』をやりたいと考え、今に至っています。

■ イベント名
------------------------------

「胃袋バイブレーション食堂」

 生産者と消費者を旨いもんで繋ぐ
 第2回バーベキュー大会!!


■ 参加可能人数
------------------------------

30名
※定員に達し次第締め切らせていただきます。 


------------------------------
■ 日時
------------------------------

2014年 8月17日 12:00開始


------------------------------
■ 会場
------------------------------

丸子橋

GoogleMap
https://www.google.co.jp/maps/search/%E4%B8%B8%E5%AD%90%E6%A9%8B/@35.5851665,139.6685795,16z/data=!3m1!4b1
<丸子橋アクセス>

最寄り駅
東急東横線 新丸子駅
駅から徒歩10分の場所にあります。

今回使うバーベキュー場は神奈川県川崎市中原区にある丸子橋の高架下です。

丸子橋は多摩川の河川敷です。

バーベキューエリアは東急東横線と中原街道丸子橋の間になります。
橋が2つあって当日の場所取りの状況でどちらか決まりますので追ってご連絡します。

目標は中原街道の下を狙っています。

おもなエリアとして、東急東横線鉄橋下と中原街道丸子橋の下が人気エリアになっています。

両方とも橋の下なので多少の雨はしのげます。


無料の駐車場もあります。100台以上は止められます。

トイレと水場は2か所あります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■ 料金
------------------------------
1人3,500円


------------------------------
■ 参加可能人数
------------------------------
30名


------------------------------
■ 振る舞うスタイル
------------------------------
食材が全面に出るBBQ
料理人のアクセントと職人直送の備長炭で焼く生産者直送の情熱食材の炭火焼き

この夏の忘れられない想い出になるのは間違いないです。

-----------------------------
■ 申し込み方法・お問い合わせ先
------------------------------

(1)下記のメールアドレスに応募し仮予約
(2)その後、「振込確認」で申し込み完了となります。
iandi081215@gmail.com
※石田裕のメルアドになります。 

郵便振込 
記号 19050
番号 42821081


ーーーーーーーーーーーーー
■ メルマガ特権
------------------------------

このメルマガの購読者の方にかぎり、
優先予約を受け付けています。

メルマガ購読者ご本人様と、
「お友達2名様」まで優先予約できます。
これを機会にお誘い合わせの上、
胃袋バイブレーション食堂の良さをお楽しみ下さい

※参加可能人数の上限に達し次第、締め切らせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

▼胃袋メルマガ登録フォーム
胃袋イベント情報や旨いもんの情報を送ります(^O^)
優先予約の権利もあります。
https://f.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=ibukuroburuburu

------------------------------
■ 料理人&プロフィール
------------------------------

石田裕
http://blog.livedoor.jp/atmc0311/archives/9425065.html
------------------------------

↑このページのトップヘ